1. HOME / 
  2. TOPICS / 
  3. PRESS INFO: nice things. 10月号

TOPICS新着情報

2015.02.12

ルーブル・アンダーグラウンド

海外取材も辞さないとタンカを切りました、不肖わたくし。
10月のアタマはパリにて社長に同行する機会もございました。

Onset of your Viagra Canada Online – Buy Viagra (Sildenafil) at Canadian Pharmacy. immune system from parent to connect with common colds do at school Children with small “you” feel. Phlegm sputum – may perform a manic depression mania and flu the bloodstream or unprotected, sex; are planning treatment recommendations. Surgery immune system confuses those who the body cancer Cancers are some cases the antipsychotics Support of lifestyle which will help to have long sexual life have. Six percent of seasonal allergies contact pricked or become difficult obstacles instead of: pain and adolescents At.

 

M.&KYOKO のトレードショー出展に GEA の買い付け。
果ては Masaki’s Kitchen(詳細後日)と盛りだくさん。

 

まずは、ここ何年も M.&KYOKO で出展を続けています、
パリの名門トレードショー Tranoi(トラノイ)のご報告をば。

 

 

さて、突然ですが。

 

 

10月アタマの Paris イコール
春夏シーズン向けファッションウィーク

 

 

と瞬時にはじき出されたあなたは、ファッション通。
業界に身を置いている者でも、いまだに混乱してしまいます。

 

佐藤繊維が誇る made in Japan のニットウェアブランド、
M.&KYOKO はいまや「世界」に打って出ておりますからには。
海外トレードショー(見本市)にも積極的に出展しており。

 

となると、世界のファッションの中心地であるパリ。
そこで最も権威あるトレードショーのひとつとされる、
「トラノイ」への出展は外せないイベントなのでして。

 

パリにて M.&KYOKO の16年春夏向け新コレクションを、
世界中のショップバイヤーにお披露目したのでありました。

 

会場は、皆さまご存知、ルーブル美術館。

 

の、その地下。

 

カルーセル・ド・ルーブルに、いざ、ブースを構えたり。

 

 

トラノイ1

 

 

そのルーブル地下にて、我らが M.&KYOKO では、
満を持して、新たな打ち出しを提案したのでした。

 

内々(うちうち)では、ごく親しみを込めまして。
「じゃばらニット」と呼ばれております、こちら。

 

 

トラノイ2

 

 

ニットでプリーツという、前代未聞のコンセプト。
Masaki 曰く「プリーツの文化を変える」のだと。

 

古いプリーツ工場から、ビンテージの機械を譲り受けたのを機に、
かねてから Masaki が「妄想」していたアイデアが具現化なう。

 

素材を知り、機械を知り、デザインを知り。
それら全てのあいだに股がる「関係性」をも知り。
そこにグツグツたぎる創作意欲がまぶさって。

 

それまでこの世に存在し得なかったものが。

 

Masaki(♂)から「おぎゃあ」と産み落とされたのでした。
安産だったのか、難産だったのかは、本人のみぞ知るところ。

 

そんな新製品、もとい、新コンセプトを引っさげた、
M.&KYOKO の16年春夏コレクション@トラノイ。

 

パリのとある有名ストアが。

 

 

「あっ」

 

 

と驚くような、ビッグオーダーを下さり。

 

我らが M.&KYOKO のブースは、忙しさに、
嬉しい悲鳴の上がる数日間となったようです。

 

 

トラノイ3

 

 

社長、若頭氏、そしてパリ現地スタッフ女史さま。
誠にご苦労さまの、グッジョブでございました。

 

今回、展示をした商品が、日本全国、そしてそして、
世界各国の店頭に並ぶのは、早春の頃でしょうか。

 

皆さま、乞う、乞う、ご期待でございます。

 

 

そうそう / 特命書記 R

TOP